沖縄の貝化石 更新世 中期
Kiich Maja

モミジボラ Inquisitir jeffreysii クダマキガイ ジュズカケクダマキ カルメンシャジク ホソヌノメシャジク
サキヨレシャジク ナサバイ Hindsia magnifica マダラクダマキLophiotoma indicun (USNM562863) ハシナガモミジボラHolotype ヒメシャジク
ブドウノタネ ヘリトリコダマウサギ ウミウサギガイ科 (USNM562952)オキナワアラレガイ Nassarius gemmulatus Nassarius acteon MacNeil ミノオニムシロ
オキナワエントツヨウラク ヒメキリガイダマシKurosioia fascialis ヤケナイボボラ (USNM562999) Calliostoma ikebei Holotype ワスレシラタマ
ニヨリオオハナガイ ハゴロモ Anadara tricenicosta クルマガイ(右) Architectonica trochlearis エビガイ Colina macrostoma オキナワイシダタミガイ Monodonta labio labio (Linnaeus)

キイククリボラ Turritriton kiiensis

コブムシロ Plicarcularia globosa

コベルトカニモリ Cerihium kebelto

コモンダカラ Erosaria erosa

コンペイトウガイ Echininus cumingii luchuanus

ノシマキ Septa pileare
スイシヨウガイ Laevistrombus canarium スダレハマグリ Katelysia japonica
ムツガタソデガイに似る

ヒシガイ Fragum bannoi OTUKA
ヒメヨウラクガイ Ergalatax contractus ヒラタザルボウ Anadara hiratai (HABY)
ホソスジウズラタマキビ L.undulata
巻貝
ニイノメウラシマ ブドウガイ科 Ringicula ninoi
第四紀 中期 読谷石灰岩の下部

地層より浅海の貝と今までのシカ化石より一桁古い新種の鹿とキョン化石を発見 
  うるま市山城 (元石川市 楚南山城)   

キョンのメスの頭部N.s.p,を鹿児島大学大塚 Drに貸し出し中です。

読谷石灰岩のベクテン化石

Amussiopecten praesignis (Yokoyama)
 リュウキュウキンチャクガイ Decatopecten striatus (Schumacher)

                  Kiich Maja homepageへ                                    

日本の更新世 フネガイ科の化石
Anadara hiratai (HABY) ヒラタザルボウ放射肋21〜23本 顆粒彫刻 小型種 更新世中期 絶滅種  

Anadara subcrenata (LISCHKE) 放射肋32本前後 無分岐肋  殻長53mm 殻高41mm

Hawaiarca uwaensis (YOKOYAMA) 放射肋27〜28 細長い殻 殻長75mm 殻高42mm

Anadara (Scapharca) broughtonii (Schrenck) アカガイ 殻長120mm 殻高90mm

Scapharca kagoshimensis (Tokunaga) サルボウガイ 放射肋24本前後 殻長75mm 殻高55mm

Anadara granosa bisenensis   放射肋18本前後  瘤状彫刻  殻長50mm 殻高4おmm
     縄文海進まで生存 日本では絶滅種(大型の南方系ハイガイ)
Tegillarca granosa (Linnaeus) ハイガイ北方系は有明海と瀬戸内海に分布

           参考書
              ●文献日本化石集25 ATLAS OF JAPANESE FOSSILS