久米島の 化石
Maja homepage

久米島の真謝層は学会で第三紀とされていますが、各地の貝化石研究で鹿児島県の河頭層と同時代(第四紀中期)としました
真謝層 第四紀中期の貝

Cancellaria cf pristima Pollia martini Shuto オリイレヨウバイ科 Mitrella burchardi Nassarius ryukyuensis. n.sp
トゲミヤコボラ Neograleus loochooensis  Macneil Mitrella burchardi Terebra woodwardiana
クダマキガイ科 Unedogemmula sf,indica イササボラ
イモガイ科sp イモガイ科sp オガサワラツブリボラに似る オリイレボラ 久米島 第四紀
Nipponocrassatella コダカイモシオ ザルボウ Pododesmus オオハナガイ似る ヒラタザルボウ

真謝層
第四紀中期のシカ化石と魚類・カニ化石 

フィーシャー新産地 大型シカの角 新産地 シカの歯(化石) シカの耳石(化石) 第四紀後期 シカの足(化石) 大型シカ化石
第四紀中期 久米島山城
カニ A
第四紀中期 山城 カニ B C

         ヒラタザルボウ 産地
 Anadara(Scapharca)hiratai (HABE)
ヒラタザルボウ 第四紀中期
   @鹿児島 河頭層
   A金武町 喜瀬武原層
   B石川市 山城楚南
   C久米島 真謝層

久米島町山城・真謝地区の層(クチャ)は第三紀ではなく第四紀の中期ではないでしょうか?
  第四紀のクチャは、カニ化石が多い。

学会での第三紀というナンノ化石(根拠)は保存状態が悪いので私は、ヒラタザルボウ産地の比較で第四紀にしています。
        Kiich Maja

 深海底での激流で出来た大規模斜交層理、海底を移動した大量の砂:サンドウェーブは現地性化石で下阿嘉(比屋定展望台の崖下)で観察できる (地殻変動の産物)
  貝やサメ化石が出土する
↓ヤジャー石灰岩年代と同じ時代の海産生物化石↓

魚類の化石 更新世中期 読谷石灰岩≒ヤジャー石灰岩

軟骨魚類の化石 硬骨魚類の化石

「久米島の真謝層(上部中新統)は沖縄本島の豊見城層と同時代  氏家論文」?
Amussiopecten praesignis  モミジツキヒガイ

第四紀中期の貝
Amussiopecten praesignis (Yokoyama)
掛川動物群の特徴種の貝は真謝層と読谷石灰岩に多いので真謝層を第三紀としたくない理由の一つです
「ナンノ化石と有孔虫化石は、地滑りや崖崩れ区域(地殻変動)で時代を間違う可能性があり得る」
ヤジャー石灰岩と真謝層 阿嘉層とはフィンガー関係です