観葉植物

沖縄のタマキガイ科・フネガイ科

〜shellfish Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
貝類トップページ 
貝販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板


貝の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

沖縄の貝写真図鑑





 1多歯類(フネガイ類)ARCOIDA . 二枚貝 Maja 戻る                         

      1 Family Limopsidae オオシラスナガイ科  


ヌノメシロスナガイ
 Striated flat cockle



最上部へ戻る

フネガイ目 概要
フネガイ目(ふねがいもく)、学名 Arcoida は軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱に属する分類群。二枚貝のなかでも起源の古い原始的なグループで、オルドビス紀から存在しているとされる。学名はフネガイ科のタイプ属 Arca に-oida(〜の類)を付けたもの。元になった属名 Arca は箱舟の意で、タイプ種のノアノハコブネガイの殻形に由来する。


分布地域・産地・場所
世界中の海に分布し、潮間帯〜深海まで見られるが、特に熱帯から温帯の浅海に多くの種が分布する。また一部の種は汽水〜淡水にも生息する。


形態環境
最大の特徴は二枚の殻を背部でつなぐ蝶番の構造にあり、多数の小さい歯が前後に並ぶ多歯型と呼ばれるものとなっている。これに似た多歯型の蝶番はクルミガイ類やロウバイガイ類などのいわゆる「原鰓類」にも見られるが、フネガイ目では靱帯が長く直線状になるものが多いことや、殻に真珠層を持たないこと(従って真珠光沢はない)、鰓の構造などに特徴がある。同じ翼形類とされるイガイ目、カキ目、イタヤガイ目とは、蝶番が多歯型であることに加え閉殻筋(貝柱)のタイプにも違いがあり、これら3目では前方の閉殻筋が退化縮小して著しい不等筋になっているか、もしくは消失して単筋になっているのに対し、フネガイ目では前方の筋肉がやや小さいとは言え、前後の閉殻筋がほぼ同様に発達する双筋であることに違いがある[1]。

鰓は糸鰓型で、他の翼形類とともに糸鰓類とも呼ばれることがある。体を左右から覆う外套膜は腹側で癒合する部分がなく、後方でも遊離していて水管を形成しない。ノアノハコブネガイなどの Arca 属には外套膜に眼点をもつものがある。砂泥底などに埋生する種では足が発達するが、岩などに付着するものでは非常に太い足糸をもつものがある。


生態・生活環境
フネガイ科の一部は足糸で岩などに付着し、その他のものは砂泥底に潜って水中のプランクトンやその他の浮遊物を濾過食する。しかし水管が発達しないため、砂泥に潜る種類でも外套膜の後端を直接水中に出していなければならず深くは潜らない。

食用利用・生活利用
古くから食用とされ、特に Anadara 属の中〜大型種は、それらが産する世界各地で重要な食用種となっており、日本でもこの属のアカガイやサルボウなどがよく利用される。またハイガイは食用以外に、その殻を焼いて石灰を製したことから「灰貝」の名をもつ。

以上、ウィキペディア参照。

最上部へ戻る



2 Family Glycymeridae タマキガイ科

ソメワケグリガイ
Glycymeris reevei

ソメワケグリガイ
Glycymeris reevei
稀少種

ビロウウチワガイ 
Melaxinaea subpectiniformis

コタマキガイ

ウチワガイ Tucetona auriflua
最上部へ戻る タマキガイ科 Family Glycymerididae .


最上部へ戻る



3  Family Arcidae エガイ科(フネガイ)科

タマズサガイ
Trisidos tortuosa

タマズサガイ
Trisidos tortuosa

オオタカノハガイ
Arca ventrico

オオタカノハガイ
Arca ventrico

オオタカノハガイ
Arca ventrico

ワシノハガイ
Arca navicularis

ワシノハガイ
Arca navicularis

オオカリガネエガイ
Barbarca foliata

オオカリガネエガイ
Barbarca foliata

オオカリガネエガイ
Barbarca foliata

ベニエガイ
Barbatia bicolorata

トマヤエガイ
Barbatia cometa (Reeve, 1844)

エガイ
Barbatia decussata

カリガネエガイ
Barbatia virescens

ヤサガタミミエガイ 
Striarca sculptilis

ヤサガタミミエガイ 
Striarca sculptilis
最上部へ戻る
.

コシロガイ
Arca plicata

コシロガイ
Arca plicata
最上部へ戻る

イラカザルボウ
Imparilarca craticulata

ハブタエエガイ
Barbarca tenella

ハブタエエガイ
Barbarca tenella
放射肋30条

リュウキュウサルボウ
Anadara antiquata

リュウキュウサルボウ
Anadara antiquata
本土産
 放射肋42条

アカガイ
本土産
 放射肋39条

サトウガイ
最上部へ戻る


最上部へ戻る

フネガイ科 Arcidae
イトココシロガイ Arca congenita .
オオミノエガイ Barbatia lacerata . キカイサルボウKikaiarca kikaizimana ..
フネガイ Arca arabica . ミミエガイ Striarca symmetrica .
ビョウブガイ Trisidos kiyonoi , ホソウネハイガイ Tegillarca nodifera 台湾
                                 
作業の過程で、 校正していく予定です。画像の処理中ですので悪しからず。

最上部へ戻る


フネガイ目 分類
現在では7つの下位分類群が知られており、フネガイ科は海外では「ark clam」や「ark shell」として有名。日本ではフネガイ科のアカガイ属(Anadara)のアカガイが有名。旧来はシラスナガイ上科が存在するとされていたが、近年ではフネガイ上科に含むことができると考えられている[2]。

下位分類群
フネガイ上科 Arcoidea
フネガイ科 Arcidae
ヌノメアカガイ科 Cucullaeidae
サンカクサルボウガイ科Noetiidae
シコロエガイ科 Parallelodontidae
シラスナガイ上科 Limopsoidea
タマキガイ科 Glycymerididae
シラスナガイ科 Limopsidae
シラスナガイモドキ科 Philobryidae




最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.