観葉植物

洋蘭の園芸品種の種類写真図鑑

〜Plant Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
植物トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板



植物の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

洋蘭の育て方・手入れ・植え替え・栽培情報など

※現在 画像・情報のアップが遅れています。 しばらくお待ち下さい。


お急ぎの方は
初心者向けにこちらの掲示板で質問・相談してみて下さい。↓↓↓

          >>洋蘭の質問・相談総合掲示板


またおすすめの展示会・展覧会がありましたら順次お知らせ致します。







      orchid 洋ラン  Cattleya   Phalaenpsis   Dendrobium Paphiopedilum 

            Habenaria ミズトンボ属  略号 Habe. (ハベナリア)

9月

Habe rhodcheila

ハベナリア ロードケィラ

Habenaria rhodcheila
沖縄産 9月

ダイサギソウ Habenaria dentata .
日向を好む





Habenaria medusa ハベナリア メドゥーサ

8月

Habenaria medusa
タイ産

ハベナリア メドゥーサ
マレー半島

ダイサギソウの仲間(葉の縁が緑)
最上部へ戻る


最上部へ戻る


Cynorkis fastigiata シノルキス・ファスティガタ


Cynorkis fastigiata

シノルキス・ファスティガタ
最上部へ戻る マダガスカル産
Cynorkis purpuracei



最上部へ戻る



            世界のラン(原種)
南米
バニラ
南米 香料

バニラ
熱帯
熱帯
原種
デダコーリー

デダコーリー
原種
原種

グラマトフィラム
南ア
南ア

Lanium (Epidendrum)

ラニューム属

ナリアラン



最上部へ戻る



バンダ系




最上部へ戻る



Phrag フラグミペディウム ( 産地 南米 )




最上部へ戻る



    Oncidium オンシジューム属

Oncidium
最上部へ戻る




最上部へ戻る



12月 原種




最上部へ戻る



Lycaste リカステ属

Lycaste

略号:Lyc

リカステ Lycaste aromatica×cruenta



最上部へ戻る



マメヅタラン属 ( バルボフィラム属) Bulbophyllum (Bulb.) ,
10月

Bulb. eberhardtii バルボ レピダム
東南アジア

Bulb. eberhardtii (シルホペタラム)

Bulb. eberhardtii

バルボ Bulbphyllum
6月
最上部へ戻る







唐沢先生の温室 (10月 )

Restrepia aspasicensium

Restrepia aspasicensium

Restrepia filamentosa
アンデス高地

レストレピア フィラメントーサ
最上部へ戻る




最上部へ戻る



    (11月 )
原種

Phragmipedium besseae フラグミペディウム・ベッセアエ
エクアドル産

Phragmipedium besseae
2009/10/12
南米の北部
heteroclita
6月

Coryanthes コリアンテス 
(ベネズエラ)
熱帯雨林
←チンタラ・チンタラと水を溜め特殊な昆虫を待っている
受粉が巧妙 ↑ マダガスカル産

Angern distichum
マダガスカル産

(Angraecum, Angcm)




最上部へ戻る




最上部へ戻る



最上部へ戻る



唐沢先生の温室 (12月 )

(Chackls Ford)
最上部へ戻る

Stanhopea candida

Eriodes barbat ,
最上部へ戻る



最上部へ戻る



原種の花は小型で昆虫と緊密関係に在る。(小型化戦略の昆虫とラン科の種子は繁栄に成功)
台湾産

カクチョウラン




最上部へ戻る


世界のラン

最上部へ戻る




最上部へ戻る



最上部へ戻る




最上部へ戻る



ベネズエラ

Mormodes sinuata

Mormodes sinuata シヌアタ 
ナゴラン×?



最上部へ戻る



  @ 生きた宝石、ジュエル オーキッド Jewelry orchids 

Ludisia discolor
香港繻子蘭

ルディシア属
中国南部,東南アジア



最上部へ戻る



シンビジューム

馬関
12月
原種

シンビジューム
原種

シンビジューム

シンビ
 斑入り

ホウサイラン Cymbidium sinense (Andrews)Willdenow
 3月

ホウサイラン



最上部へ戻る



 スパソグロティス属 Spathoglottis

コウトウシラン Spathoglottis plicata.


園芸品種
園芸品種 入賞の株

夏の太陽に強い


最上部へ戻る


スパソグロティス属
黄花 熱帯産

スパソグロティス・アフィニス
マレー半島

スパソグロティス属

スパソグロティス属Spathoglottis affinis
 沖縄に自生しない、温帯のシラン属

シラン Bletilla striata

 沖縄の(野生化)紫蘭はシラン(細かい種が山に飛び野生化)?




おすすめ沖縄の山野草通信販売
 沖縄山野草SEORYネットショップ



開店祝いや母の日のギフトにおすすめ洋蘭通販ネットショップ

 ・http://cgi4.synapse.ne.jp/~e-ran/main.htm
 ・http://www.rannoie.com/
 ・http://www.fmel.jp/wp/


激安・格安・安い相場表・価格表情報をお待ちしております。






植物の病気とは
植物病理学(しょくぶつびょうりがく)とは植物の病害を診断し、予防あるいは治療するための学問領域である。対象領域として、病原体による"感染症"や、病原体によらない(物理・化学的条件による)病気を含む。昆虫やダニによる単純な食害はふつう含めないが、病原体のベクターとなる場合や奇形(虫えいなど)の原因となる場合は含む。

病原体としては次のようなものがある。

真菌 - 植物病原体として最も普通である。
卵菌 - べと病、ジャガイモ疫病など。
細菌 - 18属ほどが知られる。
ウイルス - 700種以上が知られる。
線虫 - それ自体が病原体となるもの、また病原体のベクターとなるものがある。
ウイロイド - 小型の1本鎖RNAのみからなる最も単純な病原体。
寄生植物 - 害の大きいものとしてネナシカズラなどが知られる。
ネコブカビ - 粘菌に類似した病原生物。
病原体によらない原因としては次のようなものがある。

(自然の原因)
乾燥・高温障害
多雨・過湿
低温障害(冷害、霜害、雪害)
栄養障害
塩害
(人工的原因)
土壌の硬化・流亡
汚染(大気、土壌)
農薬による薬害
肥料の不足・過多
植物病害というのは、植物自体に害を与えるという意味であるが、中には食品として摂取した人畜に害を与える場合(マイコトキシンを産生する赤かび病、麦角病など)もある。

異常、ウィキペディア参照




害虫にも注意が必要。

害虫
害虫(がいちゅう)とは、人間(ヒト)や家畜・ペット・農産物・財産などにとって有害な作用をもたらす虫。主に無脊椎動物である小動物、とくに昆虫類をいう。駆除には殺虫剤が使われる。
特に蘭はカタツムリが天敵、大きなカタツムリだと発見できやすいのですが、雨の日やその後など、家の庭で鉢植えしているといつの間にか花芽がなくなっていることもあります。
雨の後や花芽がでる時期は注意深く手入れしましょう。



根腐れとは原因
成長によって大きく育つ蘭などは小さな鉢での鉢植えでは根腐れが起きる可能性がありますので、
長持ちさせるため、成長をみながら植え替えをしましょう。植え替え時期はそれぞれ蘭のタイプによって異なってきますので
しっかりとネットで情報収集して下さい。

影響としまして葉に異常がみられるなどの他に成長が遅い、生き生きしていないなどチェックしましょう。

何年も鉢の植え替えをしていない他に土の中の酸素不足(通気性が悪い状態)や植物にとっての異常温度・湿度なども根腐れの原因に考えられます。

鉢の場所を変えたり土の質を変えたりなど考慮が必要です。2次被害として植物の病気になってしまうかもしれません。







最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.