観葉植物

沖縄の植物|ア行の科を検索

〜PLANT Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
植物トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板

アイウエオ検索
科で探索  ア行を検索中

     サ〜ト  ナ〜ホ  マ〜リ     


アオイ科 アオギリ科 アカザ科 アカテツ科 アカネ科 アカバナ科 アケビ科 アサ科 アブラナ科 
アマ科 アヤメ科 アリノトウグサ科 アワゴケ科 アワブキ科 

イイギリ科 イグサ科 イソマツ科 イチヤクソウ科 イチョウ科 イネ科 イノモトソウ科 イバラモ科 
イラクサ科 イワウメ科 イワタバコ科 イワデンダ科 イワヒバ科 

ウキクサ科 ウコギ科 ウツボカズラ科 ウマノスズグサ科 ウラジロ科 ウラボシ科 ウリ科 
ウリノキ科 ウルシ科 

エゴノキ科 エダウチホコリタケ科(キノコ)

オオバコ科 オシダ科 オシロイバナ科 オトギリソウ科 オミナエシ科 オモダカ科 


植物の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

沖縄の植物写真図鑑





新種

仮名:葵細辛
赤ラベル
2009年12月16日採集(沖縄北部) 科・属・種名は花が咲くまで未定
元記載標本を探索中です。
和名については、厳密な命名の規則はない 葉裏は赤紫色


最上部へ戻る



ウルシ科の特徴
ウルシ科Anacardiaceaeは双子葉植物に属する科で、70属980種ほどを含む。木本で温帯から熱帯に分布する。果実は核果。花は単性。樹脂を含み、これを漆などの塗料として利用するが、特にウルシに近縁の種(Rhus およびToxicodendron 属)はウルシオールまたはラッフールを多く含み、これによってアレルギー性皮膚炎を起こしやすい。また、果実の果肉に高融点の中性脂肪を含むものが多く知られ、しばしばこれを広義の蝋として利用する。種子の中の胚の子葉に蓄えられた貯蔵栄養素も、主として脂肪であるものが多く、ナッツ類として食用になるものがある。

経済植物としてはウルシのほか、果樹のマンゴー、ナッツ類として利用されるカシューナッツ、ピスタチオ、香辛料とされるコショウボク(ピンクペッパー)、また和蝋燭の原料の蝋を採取するハゼノキなどを含む。



最上部へ戻る


   アオイ科
帰化植物

 ブツソウゲ
Sleeping Hibiscus

ウナズキヒメフヨウ Malvaviscus arboreus var.mexicanus

リュウキュウトロロアオイ Abelmoschus moschatus

 Abelmoschus moschatus


最上部へ戻る

アカネ科  Rubiaceae 

本部町 5月

ギョクシンカ Tarenna gracilipes.
本部

 Tarenna gracilipes.
糸満市

 ギョクシンカ
 本部

ギョクシンカ
最上部へ戻る
 クチナシ   Gardenia jasminoides  Gardenia jasminoides  コンロンカ Mussaenda parviflora  Mussaenda parviflora
シラタマカズラ(白玉葛)ボチョウジ属Psychotria serpens
八重山産
 チャボイナモリ Oohiorrhiza pumila
 Oohiorrhiza pumila  チャボイナモリ  Oohiorrhiza pumila  チャボイナモリ Oohiorrhiza pumila
 ナガバイナモリ 西表
 ナガバイナモリ
12月〜1月
 ナガバイナモリ Ophiorrhiza japonica BL.. var.Tashiroi Ohwi
 ナガバイナモリ Ophiorrhiza japonica 最上部へ戻る
サツマイナモリ属
  サツマイナモリ Ophiorrhiza japonica
東村
 Ophiorrhiza japonica
(ウシヌハナフガサー)

  リュウキュウアリドウシ Damnacanthus indicus
   リュウキュウアリドウシ Damnacanthus indicus  ルリミノキ
 ルリミノキ Lasianthus japonicus  Lasianthus japonicus Miq.  ルリミノキ 
ルリミノキ 
 ルリミノキ Lasianthus japonicus Miq.
八重山産
  タシロルリミノキ
 タシロルリミノキ 八重山産
   タシロルリミノキ
 タシロルリミノキ ヤエムグラ Galium spurium var.echinospermon



最上部へ戻る



アカバナ科
帰化 
ヒルザキツキミソウ
ヒルザキツキミソウ  アカバナ属 
 ユウゲショウ Oenothera rosea Ait.


最上部へ戻る


 アブラナ科
 帰化
マメグンバイナズナ Lepidium viginicum
イヌガラシ



最上部へ戻る


 イソマツ科
イソマツ イソマツ 与那国
イソマツ



最上部へ戻る


イラクサ科

ヤエヤマラセイタソウ
与那国産

ヤエヤマラセイタソウ

ヤナギイチゴ Debregeasia edulis

クニガミサンショウズル Elatostema suzukii Yamazaki

クニガミサンショウズル


最上部へ戻る



イワウメ科
シマイワカガミ 西表・沖縄北部
Shortia rotundifolia
 シマイワカガミ シマイワカガミ  Shortia rotundifolia (Maxim.) Makino



最上部へ戻る


イワタバコ科
2月
 ヤマビワソウ Rhynchotechum discolor
 2月
  ヤマビワソウ Rhynchotechum discolor




最上部へ戻る



ウマノスズクサ科

ヒナカンアオイ Asarum okinawensis Hatusima

ヒナカンアオイ
沖縄北部

Asarum okinawensis Hatusima

Asarum okinawensis Hatusima

ヒナカンアオイ
葉の拡大写真

ヒナカンアオイ



最上部へ戻る

???

赤ラベル

2009年12月16日採集(沖縄北部) 科・属・種名は花が咲くまで未定です
元記載標本を探索中。
和名については、厳密な命名の規則はない 葉裏は赤紫色



最上部へ戻る


オナガサイシンAsarum leptophyllum
(カッウダケカンアオイ)

オナガサイシンAsarum leptophyllum Hayata 
絶滅危惧種
 Asarum leptophyllum Hayata 
危急種

オモロカンアオイ Asarum dissitum

オモロカンアオイ
最上部へ戻る
尖閣諸島
 センカクカンアオイ Asarum senkakuinsulare Hatusima
 Asarum senkakuinsulare Hatusima  センカクカンアオイ Asarum senkakuinsulare Hatusima ←故多和田真順採集の親株
奄美

ハツシマカンアオイ
4月奄美
奄美
奄美
奄美
  イノカワカンアオイ 

 ヒダカンアオイ
最上部へ戻る
最上部へ戻る 初雪カンアオイ



最上部へ戻る


タカサゴサイシン Asarum epigynum Hayata
台湾産
 タカサゴサイシン
 タカサゴサイシン Asarum epigynum Hayata  タカサゴサイシン
タカサゴサイシン
最上部へ戻る


 科で探索   サ〜ト  ナ〜ホ  マ〜リ

最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.