観葉植物

掘足綱|沖縄のツノガイ類

〜shellfish Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
貝類トップページ 
貝販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板

掘足綱沖縄のツノガイ類 Class Scaphopoda


貝の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

沖縄のツノガイ・貝の写真図鑑





掘足綱の概要
掘足綱( くっそくこう、Scaphopoda )は、軟体動物門に属する分類群。いわゆるツノガイ類のことで、ツノガイ綱とも。ツノガイという文字通り殻は一見水牛の角のような形状である。形態や生態から二枚貝綱と腹足綱の間に位置づけられることが多い。

以上、ウィキペディアより参照

ニシキツノガイ Pictodentalium formosum

ミズイロツノガイ Dentalium aprinum

ヤカドツノガイ Dentalium (Paradentalium) octangulatum
(ムカドツノガイ)

ヤカドツノガイ Dentalium (Paradentalium) octangulatum
右側

リュウキュウツノガイ Graptacme acicula.

サフランツノガイ Calliodentalium crocinum

ユミハリハラブトツノガイ Pulsellum virginalis (BOISSEVAIN)


最上部へ戻る



殻・形態・特徴
掘足綱全体に共通する形状として、殻は角を思わせる緩やかにカーブした筒状で、上端と下端は必ず開いている。この上端側の孔を後口、下端側の孔を殻口と呼ぶことが多い。また、カーブの外側を腹側、内側を背側と呼ぶ。殻表に輪脈と呼ばれる筋がある場合、ない場合まちまちである。また殻色も白色、薄黄色や赤紫色、など様々であるが白っぽい色をした種が多い。殻長は数mmの種から数十cm程度で現生種の中では、マダガスカル近海に生息する Dentalium metivieri が最大とされ、20cmを超える。以上の様な細かい特徴は科や属、種などにより様々であるが、掘足綱全体の形状としては腹足綱や二枚貝綱と比べると統一感があるといえる。

以上、ウィキペディアより参照


生態環境・生活環境
雌雄異体。浮遊性のトロコフォア幼生、ベリジャー幼生を経て着底する。通常、二枚貝綱と同様に足を用いて泥底や砂底などを掘り、埋没して生活する。この際、後口を砂や泥から出し、排泄や海水の交換を行う。上記の様に鰓を持たないため、外套膜で酸素の交換を行うが、この際、足を収縮させ海水を循環させる。また、平衡胞や頭糸を用いて餌を捕食し、歯舌で擦り取って食べる。

分布場所・産地
すべて海産種で、世界中の海に広く分布する。また、生息深度も幅広く、潮間帯〜深海まで広く分布するが、生息環境は比較的軟らかい海底に限られる。

以上、ウィキペディアより参照



最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.